投稿

ファームウェアを更新する

イメージ
取り上げていそうで、取り上げていなかったネタ。ファームウェアの更新についてメモしておきます。

手順は次のとおりです。
公式サイトから最新のファームウェアをダウンロード(要アカウント登録)するファイルをGODJの内蔵ドライブまたは、SDカードにコピーするUSB接続を解除するオプション画面→システム(2)タブを選択するUPDATEスイッチを右にスライドする更新が開始され、進捗が表示される書き換えが完了すると、自動的に再起動がかかります
項目4、システム(2)の画面でUPDATEスイッチが表示されない場合、ファームウェアのファイル名を確認してください。もし「update.bin」になっていなければ、そのようにリネームしてください。
GODJはファームウェアのファイル名を「update.bin」と決め打ちしています。これ以外では、たとえ正当なファイルであってもUPDATEスイッチは表示されません。くれぐれもご注意ください。 このエントリの情報源ファームウェア

ファームウェア(17468)が公開される

ついに、GODJシリーズ全機種でAACフォーマットの再生が可能となるファームウェアがリリースされました。

内容は次のとおりです。
有償拡張機能を導入 AACデコーダハイレゾモードAutoDJ Advanced FXピアノ&ギターパッドに新モード「Latch」を追加 一回タッチで最後まで再生、もう一回タッチすると音を止めるトグル式の発声モードです認識できるファイル・フォルダ数の上限はドライブごとに独立ではなく、内蔵ドライブ+外部SDカードあわせて9900項目としたGODJ Plusにおいて、Master LevelノブおよびMonitor Levelノブのカーブを変更プレイリスト内の曲一覧のソート順を記憶するように変更 とうとう、ユーザ念願のAAC対応が果たされました。と、思ったのも束の間、こちらは有償モジュール扱いとなっています。導入には最新ファームウェア(17468以降)に更新のうえ、ライセンスを購入する必要があります。有償ファームウェアの話は、開発元JDSoundの宮崎社長のインタビューで言及されていました。個人的にはGODJ Plusの未実装機能の搭載が終わってからの導入、つまり、もう少し先の話かと予想していたのですが、思ったより早いスタートとなりました。
それから、有償モジュールの影に隠れていますが、最大曲数について制限の緩和があったのも見逃せません。これまではドライブごとに枠が決められていましたが、それが取っ払われ、内蔵ドライブとSDカード合わせて、最大9900曲となりました。こちらについても、以前、公式Twitterで言及されていました。
兎にも角にも、待ちに待ったAAC対応。さっそく、モジュールを購入しました。今後はフォーマットの変換が不要となり、感無量です。音源の管理もよりシンプルにできます。少しずつ、プレイ環境の再構築(mp3→AAC)を行いたいと思います。
最後にちょっとだけ、わがままを言わせてもらうと「TUNE UPストア開店記念:期間限定ディスカウント!!」なんてものがあったら、それはもう、狂喜乱舞だったかも……。 このエントリの情報源ファームウェアアップデートのご案内 (最新版は17468です)(JDSound 公式フォーラム)
GODJ 機能比較表

GODJ-Cにもハイレゾモード?

【2017.7.20 更新】ファームウェア(17468)の有償モジュールとして、GODJ-C用ハイレゾモードと楽器機能がリリースされました
GODJシリーズでハイレゾモードに対応しているのは、元祖GODJとGODJ Plus(ファームウェアアップデートにて対応)となっています。GODJ-Cは楽器機能(ピアノ/ギター)とハイレゾモードがオミットされ、元祖GODJの廉価版として位置づけられています。

昨日のGODJ公式アカウントのつぶやきをご覧ください。

ファームウェアリリースに向けてめちゃくちゃテスト中なう。#GODJ#godjpluspic.twitter.com/to1O8fR9Jb — GODJ (公式) (@GODJ_jp) 2017年6月21日
写真をよく見ると、黒い筐体のGODJ-Cがハイレゾモードになっています(Format:96.0kHz 24bitの表示も見えます)。今後公開されるファームウェアによって、GODJ-Cもハイレゾモードに対応する可能性が出てきました。

今のところこの件に関して公式に言及はなく、何の確約もありません。しかし、廉価版であるため省略されていた機能が実装されるとしたら、GODJ-Cユーザにとってワクワクする話ではないかと思います。

これに引き続き、ユーザが切望するAAC対応と最大曲制限の撤廃についても、早期の実現を願うばかりです。

AutoGain機能が搭載されるかも?

前回は2エントリに分けて、音源の音量レベルを揃える方法についてご紹介しました。

エントリの更新をTwitterで告知したところ、GODJ公式アカウントより次のようなリプライをいただきました。

はっ!ReplayGainに対応しなくちゃ!って一瞬思ったんですがよく考えたらAutoGainの機能を自前で開発してました…(^_^;
リリースまでお待ち下さいませ。 — GODJ (公式) (@GODJ_jp) 2017年6月5日
どうやら、今後のファームウェア更新によって、GODJに音量レベルの自動調節機能が搭載されるようです。どのような方式になるのかは明らかではありませんが、PCでの作業を必要とせず音量を揃えられるのであれば、ラジカセ的な使い方はいうまでもなく、DJプレイでも重宝すること間違いなしです。

GODJシリーズはいったいどこまで進化していくのか、興味津々です。兎に角、新ファームウェアのリリースを待ちたいと思います。




音源の音量を揃える(実践編)

イメージ
理論編からの続きです。順番としては、まずそちらからご覧いただければと思います。 

実践編で使うソフトウェアはミュージックプレイヤー「foobar 2000」です。こちらはWindows用となっています。Macユーザは「MP3Gain Express for Mac OS X」が同様の機能を持っているようです。
ReplayGainによる音量の調整セットリストを作成する
 すべての曲を選択して、右クリック→ReplayGain→Scan per-file track gainを選択する

スキャン中はプログレスバーが表示されます

結果が表示されたら[Update File Tags]ボタンを押す

これで、タグに音量レベルの情報が書き込まれました
再度、すべての曲を選択して、右クリック→ReplayGain→Apply track ReplayGain to file contentを選択する

【注】ストップ【注】書き換え前の警告です【注】ストップ【注】
オリジナルの音量レベルは失われ、二度と戻すことは出来ません。音源のバックアップをお忘れなく!
音量レベルの書き換えを行うか確認のダイアログが表示されます
オリジナルファイルが存在しているか確認してください。問題がなければ[OK]ボタンを押す
書き換え中はプログレスバーが表示されます

これで音量レベルを揃えることが出来ました。ファイルをGODJにコピーしてください 繰り返しになりますが、音量レベルを書き換えるとオリジナルのレベルに戻すことは出来ません。取り込みからのやり直しになります。くれぐれもご注意ください。

このようにして、ちょっとした手間を掛けることで、快適なプレイ環境を準備することができます。願わくば、GODJシリーズがReplayGainに対応すれば音量レベルのスキャンだけで済むので助かるのですが……。ここでひっそりリクエストしておこうと思います。
このエントリの情報源Replaygain つかいかた(foobar 2000 Wiki for Japanese Users)

[ 広 告 ]