投稿

ファームウェア(18355)が公開される

先日、予告された2つの新機能「12-Point Cue」と「Pad Function」を搭載した最新ファームウェア18355がリリースされました。以下は、ユーザーフォーラムからの引用です。追加機能:新拡張機能「12-Point Cue」に対応(別途ご購入が必要です)。新拡張機能「Pad Function」に対応(別途ご購入が必要です)。プレイリスト内の曲を開くウィンドウにも「(他の)プレイリストに追加」ボタンを搭載した。一部の未対応AIFFファイル(エンディアンが異なるもの)に対応。変更点:「クロスフェーダーをサンプラーにも適用」オプションはクロスフェーダーカーブ自体がOFFの場合でも有効となるようにした。有効な license.bin ファイルが存在するかどうかを SYSTEM(2) タブに表示するようにした。バグ修正:(Plusのみ)不具合回避のため前バージョンで無効化していた「ビートイルミネーション」機能を復活させた。マイクレベルが本来の想定より大きく、音割れの原因となっていた問題を修正。他、いくつかのバグ修正と安定性の向上。いつものように、さっそくアップデートしてひと通りの動作チェックを行いましたが、特に違和感を感じることもなくプレイすることができました。なお、「12-Point Cue」と「Pad Function」については有償の拡張モジュールとなっており、自分のプレイスタイルではどれほど必要なものかが未知数ですので、導入についてはしばらく様子を見ようかと思います。新機能の他にもバグフィックスを含みますので、ユーザーはアップデートを行った方がいいでしょう。このエントリの情報源ファームウェアアップデートのご案内 (最新版は18355です)(JDSound 公式フォーラム)

次期ファームウェアの目玉機能

TwitterのJDSound公式アカウントにて、GODJの次期ファームウェアの目玉機能について、言及がありました。今回のGODJ アップデートの目玉は2つ。12-Point CUEとPad Functionです。#godj#godjplus#pdj— JDSound(公式) (@GODJ_jp) 2018年4月18日12-point CUEはその名の通り、1曲に対し12個のCUEポイントを設定できる機能です。個人的にはカセットテープをGODJを使ってデジタル化した際にどうしても欲しい機能でした。便利でっせ~。#godj#godjplus— JDSound(公式) (@GODJ_jp) 2018年4月18日PAD Functionはこれまで一番ご要望が多かった機能ですね。GODJシリーズのサンプラーパッドにCUE、LOOPを割り当てる機能です。PDJ、GODJ、GODJ-Cでは液晶画面で、GODJ Plusでは物理パッドでお使い頂けます。ジャグリングとかガンガンできて超楽しいっす!!!#pdj#godj-c #godj#godjplus— JDSound(公式) (@GODJ_jp) 2018年4月18日この変わったループレンジが最高なんですよ。通常ですとループレンジって4ビートとか1ビートとかじゃないですか。ここを3/4ビートとか3/2ビートとかどうなるのかなって試験的にプログラムしてみたんですよ。そしたら…#godj#godjplus— JDSound(公式) (@GODJ_jp) 2018年4月18日Triplet Loop(仮称)ってのを入れてみました。解析したBPMに対し3/4、2/3といったちょっと変わったループをかける機能です。実際に試してみたところ4つ打ちの曲にカッコ良く三連符を入れる事ができる事がわかりました。これはなかなかの飛び道具になりそうです。#godj#godjplus— JDSound(公式) (@GODJ_jp) 2018年4月18日あ、そうそう、12-Point CUEとPad Functionを両方とも導入するとPADに8個のCUEを設定する事が出来ます。もう再生位置自由自在です。#godj#godjplus— JDSound(公式) (@GODJ_jp) 2018年4月18日なお、ファームウェアは近日登場予定とのことで、現在は検…

GODJの安定化メモ

これから年末年始にかけて数多くのイベントが催されるかと思います。そして、イベントといえばもちろん、GODJの出番です。あちこちの現場でプレイする機会が増えますが、とにかく遭遇したくないのが機材のトラブルです。個人的にはプレイ中にGODJがフリーズするような地獄を味わったことはないのですが、PAがトラブったことは何度か経験があります。そんな時はイヤーな汗がUK pintくらい放出されるのを感じるわけです。こうした事態を避けるためにも、少なくとも自分でコントロールできる部分については、手を打っておきたいところ。ということで、GODJの安定化についてのヒントをお送りします。 ファームウェアは常に最新版を
ファームウェアのバージョンは、オプション画面の「システム(2)」タブで確認することが出来ます。2017/12/21現在の最新版は「17696」です。そもそも、ファームウェアって何ぞな? とか、アップデートってどうやるんよ? という方は、次のリンクが参考になるかもしれません。

ファームウェアファームウェアを更新する
SDカードのフォーマット
SDカードが引き起こす奇々怪々な互換性の問題は、非常に悩ましいものです。カード関連のすべての問題が解決できるわけではありませんが、フォーマット&リストア(データのバックアップ→フォーマット→バックアップしたデータの書き戻し)は解決の選択肢の一つとして挙げられるかと思います。 作業の注意点は次のとおりです。作業前に必ずバックアップを取る(フォーマットすると全てのデータが失われます)フォーマットはGODJ本体にて行うSDカードについてはこちら → SDカードを使う
現場で音源の解析を行わない
イベント前に音源の準備(解析)を済ませておきましょう。現場で曲追加→解析→即プレイは慌ただしいだけではなく、GODJのCPUパワーを消費してレスポンスの低下などの問題を引き起こす原因となります。現場でネタの追加が必要な場合、プレイに若干の制限がつきますがライン入力経由で外部音源の利用を考慮した方がいいでしょう。
バッテリーは満タンで
GODJは非常に省電力なので忘れがちですが、やはりバッテリーは満タンにしておきたいところ。無用なトラブルを避けることが出来ます。 ざっと思いつくのはこんな感じです。ちょっとの気遣いで出来る限りトラブルの芽を摘んでおきたいとこ…

ファームウェア(17696)が公開される

GODJ Plusの目玉機能の一つ、MotionScoreをサポートしたファームウェア17696がリリースされました。

MotionScoreは有償モジュールとなっており(Makuake版GODJ Plusは無料)、PC(Mac)用MotionScoreをインストールしたPC(Mac)と同モジュールを有効化したGODJ Plusを接続することで、PC(Mac)上のアバターがサウンドに合わせて踊りまくるというファンキーな仕組みです。DJだけではなく、VJもしれっとこなすGODJ Plusのポテンシャルの高さをうかがい知ることができます。

これ以外にもバグフィックスを含みますので、GODJ/-Cユーザも要チェックです。特に、起動が失敗する問題は現場で何回か遭遇し、そのたびにヒヤヒヤしていました。ようやく解消されてひと安心です。

以下は、ユーザーフォーラムからの引用です。

追加機能:
(Plusのみ)新拡張機能「MotionScore」に対応(別途ご購入が必要です)。 バグ修正:
(Plusのみ)不具合回避のため、「ビートイルミネーション」機能の「ソフト」「ハード」を一時的に無効化。対策が完了しだい復活させる予定です。(GODJ、GODJ-Cのみ)電源投入時、特定のタイミングで電源ボタンを離すと起動に失敗しフリーズする問題を改善。他、全体的な安定性の向上。 このエントリの情報源過去のファームウェアにおける変更点 (→17696)(JDSound 公式フォーラム)

Twitter GODJ Plusのファームウェアをバージョン17696にアップデートした。MakuakeモデルなのでMotionScoreアプリケーションは無料ダウンロードだったので入れてみた(*'▽'*) pic.twitter.com/pz469S2yYl — た〜さん (@Perfume_prfm) 2017年11月1日

ファームウェア(17555)が公開される

最新版のファームウェアである、17555がリリースされました。
バグフィックスとGODJ Plusのレスポンス向上が主な内容です。

以下は、ユーザーフォーラムからの引用です。

変更点:
全体の処理負荷を軽減。ボタンキューおよびホットキュー再生時の反応を改善。
バグ修正:
オプション「前回ロードした曲の復元」が17468で正しく動いていなかったバグを修正。ファームウェアアップデート時、まれにフリーズすることがある問題を修正。※万一アップデートに失敗した場合は、本体背面のリセットボタンを押したのち、マニュアルp.100のリカバリメニューから再度アップデートを実行していただくと解決する場合がございますのでお試しください。(Plusのみ)電源投入時まれに発生するスピーカードライバの不具合を修正。(Plusのみ)電源投入後しばらくの間、バッテリー残量が必ず100%と表示されてしまう問題を修正。
※なお、バッテリー残量表示の精度については引き続き改善を行ってまいります。
いつものとおり、さっそくアップデートしてみました。ひと通りの操作を行いチェックを行いましたが、今のところ特に問題はなさそうです。
このエントリの情報源ファームウェアアップデートのご案内 (最新版は17555です)(JDSound 公式フォーラム)